運動で中性脂肪を減らす

ダイエットをする場合に多くの人が取り入れる手法として食事制限と運動療法がありますが、食事制限については食事のバランスを考えるのと中性脂肪を作るための脂質や糖質、炭水化物などの摂取を控えることがメインになります。

運動療法については中性脂肪を効率的に燃焼させることが理由の一つとしてありますが、体の脂肪というのは体を動かすことによって燃焼を促すことが可能になっているので、運動をすることによって不要な脂肪を燃やすことがダイエットに繋がるというものです。

運動については有酸素運動が有効的だと言われており、ウォーキングやジョギング、スイミングなどがおすすめですが、運動を始めてから20分程度は主に糖質がエネルギー源として使用されることになるので、中性脂肪を燃焼させるという点で考えると20分以上の運動は推奨されます。

いきなり運動をするといっても日頃から運動不足の人にとってはなかなか苦痛なことだと思いますが、最初からいきなりハードな運動を考えるのではなくウォーキングから少しずつ体を慣らしていき、段階的に運動量を増やしていくという方法を取ることをおすすめします。

また、運動をしてせっかく中性脂肪を燃焼させることができても食事を多く取ってしまうと意味がないので運動が無駄にならないように食事制限を心がけることが必要です。

痩せたいという思いを強く持つこともダイエットを成功させるために必要な心構えだと言えるでしょう。

ページのトップへ戻る