心臓病のリスク

現代人の病気の中で多いのがガン、脳卒中、そして次に心臓病がきますが、心臓病の中でも血栓が生じることによって起こる心筋梗塞が多く中性脂肪がたくさん体に蓄積されることによって肥満体型になり、それがきっかけとなって病気を誘発することがあります。

また、狭心症という病気についても中性脂肪が遠因となって発生することがある病気の一つとして知られており、これは動脈硬化によって心臓に対して血液から酸素が含有されなくなることで起こる病気で全身に対して血液を送り届けている心臓からすると心臓の機能が正常に働かないことは重大な問題です。

病気にならないためにも日頃から中性脂肪のコントロールをきちんとしなければなりませんが、太っていないからといって安心するのは厳禁で内臓には見えない脂肪がたくさんついていることがあり、これがきっかけとなって心臓病を誘発することがあります。

ちなみに脳卒中の多くも中性脂肪の高低が関わると言われており、中年以降になるとリスクが高まってくる脳梗塞についても脂肪が蓄積されることによって起こりやすくなると言われています。

これは血液中に脂肪が増えることによって血液がドロドロしてしまうことが理由の一つとしてありますが、血液に粘り気が増えてくると心臓の血液を送り出す力も増大することになるので血圧が高いなどの症状が見られるようになります。

大きな病気を発症する前には前兆のようなものが見られることも多いのでサインを見逃さないことが大切です。水素水 効果 測定しています、是非参考にして下さい。

ページのトップへ戻る