メタボとの関係

最近になって耳にする機会が増えているメタボですが、メタボ検診という専用の検診ができるくらいメジャーな名称になりつつあり、この名称はメタボリックシンドロームの略称でもあります。

メタボと聞くと太っている人をイメージする人が多いと思いますが、実際は太っていない人でもメタボ状態になっている人は少なくなく、いわゆる隠れ肥満と呼ばれている人達は見えないメタボの状態になっています。

中高年になってくるとメタボ体型の人が増えてきますが、この体型を作り出しているのは他でもない中性脂肪であり、内臓や皮下に蓄積されることによって体脂肪率の上昇を促しています。

中性脂肪が蓄積される理由にはいろいろありますが、規則正しい生活を送ることや適度に運動をすることによって中性脂肪がつきにくい体を作ることができるのでメタボに悩んでいる人は日頃の生活を振り返ってみましょう。

また、同じような食生活で運動をしているにも関わらず最近になって中性脂肪が蓄積されやすい状態になったという人もいるかもしれませんが、これは代謝機能が老化によって衰えている可能性があります。

脂肪は体を動かすために必要なエネルギー源となりますが、どれくらいのエネルギーが必要かという部分については代謝機能に関係する部分であり、代謝機能が高い人ほど多くのエネルギーを消費するので中性脂肪は蓄積されにくくなります。

代謝機能についても特訓することで向上させることができるのでダイエットを考える場合は実践したいものです。

ページのトップへ戻る